結婚式二次会景品選びで注意したいこと

二次会が盛り上がる景品について
未分類

景品管理に必要な幹事

結婚式の二次会にゲームを採用し、景品を配ると盛り上がります。結婚式の場合は、新郎新婦は結婚式の準備で忙しいため、知り合いや友人に幹事をお願いすると作業がスムーズです。幹事をお願いしやすい人は、親しい友人や会社の同僚が向いています。親しい人のほうが新郎新婦の意見を伝えやすく、細かな指示も出しやすいからです。

話しやすい人を選べばあとで「思ったより景品が安い」「景品のバランスが悪い」などといったトラブルを防ぐことができます。二次会の景品選びを幹事に任せたとしても、すべてをお願いするのは避けましょう。新郎新婦にも二次会の希望があるはずですから、幹事と密に連絡を取り合って、進行状況をチェックすることが大切です。

特に景品にかける費用については、事前によく話し合う必要があります。豪華景品を取り入れると盛り上がるのですが、予算が決まっていないとどこまで高額な費用をかけてよいのかわかりません。また、景品の費用はゲストからもらう会費からまかなうのか、新郎新婦が負担するのかも決めておきましょう。もし何も情報がなく金額の相場の見当も付かないのであれば、幹事をやりなれている人に最初からお願いしたほうがスムーズです。

二次会景品の準備は、事前の打ち合わせから、買い出しまで必要です。仕事内容も多岐にわたり、短い期間で集中しなければならないため、準備が十分に取れる人に幹事をお願いしましょう。具体的な幹事が決まったら、新郎新婦と幹事が知っておいたほうがいい景品について紹介します。